2017年5月15日月曜日

Day27

D27
9/3(木)
昨夜0:00
目が覚めて外へ出るとオーロラが見えた。
オーロラは青白く光り、みるみる形を変える。雲の流れが形を変えるのと似ている。小高い山の頂にはレーザー光線のように差し込んでいて、みどり色に見えた。とても美しい。
まさか見られるとは思わなかった。この日は本当にたまたま目が覚めて外になんとなく出てみたのだ。月も星も美しい。
一緒に起きたダンナは慌ててカメラを取り出すも間に合わず。この美しい光景は私たち二人だけの記憶に刷り込まれた。

5:00
目が覚める。今日も寒いので日が出るまでゆっくりと支度をする。
昨夜オーロラ見たよね。とお互いに夢ではなかったことをぼんやりと確認。



8:00
出発。昨夜ありつけなかったビールを目指すのだ!!
だが、勢い虚しくすぐにお腹がすいてしまい11:00に昼食。

二日前からよく顔を合わせるソロハイカーの「ゆっくりさん」を途中で抜かした。
彼は本当にゆっくり進み、ゆっくり休む。そして、ふだんから愛用しているだろう重たそうな水筒から何かをゆっくり飲む。
道中会う人は少ないので、勝手に親しみを持ち、勝手に彼のプライベートなどを想像してみる。これもロングハイキングの楽しみ方かもしれない。
「ゆっくりさん」に追いつかれないようにというプレッシャーが妙にわく。

昼食の最中、これから目指す小屋の方から一人の女性がトレッキングウオーキングをして通り過ぎて行った。昨日の記憶が蘇る。
昨日は小屋の方向から走ってくるトレラン姿の人とすれ違ったら小屋が閉まっていたのだ。まさか!!!
気もそぞろに昼食を終えて歩き出すと小屋が見えてきた。予定より早く12:30に到着。
悪い予感は当たり、小屋には誰もいない。。。
売店らしきところには「12:00まで16:00から」と書いてある。

小屋にたどり着いたものの・・・

16時まで待つのはつらいし、ビール云々よりもこれから先4日分の食料を手に入れられないことは命に関わる。どうしようかと考えていたら先ほどのトレッキングウオークの女性が帰ってきた。きっとこの小屋の人に違いない。急いで追いかけて「何か買いたいです」
と言うと、なんと女性はゲストだった。聞くと18時まで小屋番は戻らないそうだ。男性も出てきてどうしたのかと話す。「この先4日分の食料を買おうと思っていたんです。」と言うと「それは大変だ、私たちの持っているものをプレゼントする。」と2人分のパックフードを持ってきてくれた。受け取れないし、あと1日分はあるから次の小屋へ行くので大丈夫だというと「Why not?」「好意は受け取るべきだ」「日本でお返ししてくれればいい」と温和に言ってくださる。ありがたく頂戴することにした。
いただいたオレンジ色のフードパックは我々2人で1袋を食べるので、2人の2回分の食料が手に入ったことになる。本当にありがたい。
Mr&Mrsは明日ヘリコプターでストックホルムへ帰るからもう食料はいらないのだと言う。
帰国したらきちんとお礼が言いたいのでメールアドレスを聞き、一緒に写真を撮った。

優しいご夫婦

Mrはプロフェッサーで、何回か日本に行ったことがあるそうだ。大阪、京都、東京、さらに来年東京へ行くそうで、ぜひ再会したいものだ。
人が困っている時に惜しみなく自分のものを差し出すことができる。そういう人に自分もなろうと思う。

小屋を後に出発しようと振り返ると「ゆっくりさん」が歩いてきた。やばい!追いつかれる。というわけで先へ進む。

次の小屋までは19キロなので半分の9キロ地点まで歩くことにした。
途中でこれまた何回か抜きつ抜かれつしているアクトさんとも遭遇(ヒルバーグのアクトというテントなので)

アクトさんはいいところにテントを張る

歩きながら反省。小屋の時間を調べていなかったことは我々のミスだ。明日はお昼前には小屋について食料の調達をちゃんとしよう。
小屋にはSTF運営と、そうでないものの2種類ある。STF運営だと常に小屋番がいて食料も豊富だが、STFでないところは現地のサーミ人がやっている。彼らは現地人なので、自身の生活があり、決められた時間以外はいない。だけどサーミの魚や肉の燻製を手に入れることができる。しばらく肉や魚を食べていないので、手に入れたかったな、と思う。

パジェランタレーデンは1st、2ndステージの総括のようにバラエティに富んだ素晴らしいところだ。



旅の締めくくりを迎えるのにとても良い道。1日1日を大事に過ごそう。



後日談:
Mrはストックホルム大学の有名な教授でした!帰国後メールのやりとりを何度かしました。


















2017年3月30日木曜日

Day 26

D26 9/2(水)
明け方とても寒い。テントの結露が凍っている。



バリバリに凍っていた。まわりも霜がおりている

それでも5:00に起きる。あたり一面の草が凍って白くなっている。本当に寒い。
7:00 ダウンジャケットを脱がずに出発
木道も凍っていて滑りそうで怖い。

8:00 ようやく日が差してきて、晴天だ。歩いているうちに体も温まったが、すぐに空腹になってしまった。2Kほどでラデヤッカ小屋に着いた。

ラデヤッカ小屋

小屋の外でココアを飲もうと思っていたら、小屋のおじさんが
「中へどうぞ、キッチンを使いなよ。」と声をかけてくれたのでお言葉にあまえる。
小屋の中にいたULっぽい人に
「ゴッサマーのザックいいね。僕はG4というのを持っているよ。」と話しかけられる。見ると彼はUL(ウルトラライト)で、おととい雨の中で見かけた人だ。

UL兄さん。ダンナとUL談義していた

小屋でココアを飲み、他の人とどこから来たのかとか、息子が日本に行ったことがあってとてもよいところだと言っていた、などと話しをする。
ラップランドのこのような場所でも、日本に興味がある人が多いのに驚く。
暖かい部屋でくつろがせていただいたので、心ばかりのチップ20クローネ(300円)ずつ置いていく。

その後歩き出すと、UL兄さんに追い抜かれた。橋を渡って彼は違う方向へ歩いて行ってしまった。我々は違う方向だと気がついて方向転換したが、兄さんはどんどん進んでしまう。なんせULだから。ダンナが見かねて、ザックを降ろして走って追いかけて行った。
途中で犬を連れたおじさんに会ったそうなので「ハイカーに会わなかったか?」
と聞いたら「間違った道を進んでいたから他の道を教えたよ。」とのことなので一安心。

その後稜線を歩いている姿が見えたので、無事に本線に戻れたのだろう。よかった。


稜線を歩く

次の小屋、アウスヤーレを目指す。

道標がかわいい

ビールが売っているはず!!
朝の気温は嘘のように、とても晴れて気温が上がり暑い。
私の気持ちが上がらないので、休みながら「そういえば一緒の写真撮っていないよね。」と二人並んで写真をとる。




だけど私は、ビールが飲みたい。
そして今日は体が重くだるい。すぐにお腹が空いて力が出ない。ビールを目指して歩く、歩く。ようやく小屋が現れた。

15:00 到着するが売店に人がいなーーーい


どういうこと??

ビール売っていると書いてあるのに、鍵がかかっている。しばしボーゼンとしていると
ものすごい勢いで走っている女性が現れた。ヘッドホンにアディダスのウェア、ランニングシューズという姿だ。近くの集落の人がトレーニングで走っているということだ。
彼女に「何か飲み物売ってないか?」と聞くと「ビールはないわ。飲むなら川の水はたくさんあるわよ。」と走って行ってしまった。またもボーゼン。脱力感ハンパないのです。

仕方がないので先へ進むことにした。
が、1Kほど歩いて今日はおしまい。
明日の小屋ではビールありますように・・・
















2017年3月18日土曜日

Day25

D25 9/1(火)

よく眠れた。カニちらし寿司を買う夢を見た。
6:00起床。8:00出発。
しばらく歩くとスウェーデン人カップルにまた出会う。私たちの先を歩いていた。
どうやら近くにテントを張っていたらしい。彼らは少し歩いては休みというのを繰り返していて、歩みはゆっくりだが長時間行動しているので結局我々と同じペースになり何度も会う。「昨夜はよく眠れた?」と彼女に聞いたら「寒くてよく眠れなかったわ。」と。
なんだか顔色もさえないし辛そうだ。

11:00
ノルドカロッドレーデンとの合流点についた

分岐点

見晴らしが良かったのでそこでお昼ご飯。資材を運ぶヘリコプターが現れて急に人間社会を思い出す(大げさ?)

良い景色

今日は雨は降らないが風が冷たく寒い。先週までとは同じ服装ではいられない。
ラップランドの夏は本当に短いのだ。あとはつらく長い冬が訪れるのだ。
サーミの小屋では魚とパンが売っていると張り紙があったが、今日は立ち寄らなかった。
お昼はリッツェムで買ったパスタだ。こちらで買うものはパスタばかりになってしまう。ホットケーキミックスとか、スパイスとかもっと色々持って来ればよかった。次は持ってこよう(次があるのか?)と思いながら食事をすませる。

2:30
少し早いが良い景色のところで今日は終了。

最高の場所で設営できた!!


湖を見下ろすなんとも素敵な場所だ。

パジェランタを12日間で歩く予定だが、どうも9日間で着いてしまう。
我々の旅もあと6日間で終わりだ。

寂しいような早く終わりたいような気分だ。

湖で水浴びするゾーーー






2017年3月16日木曜日

Day24

D24 8/31(月)

5:30 明け方、頭の近くでガサゴソと物音。
風だと思っていたらテントにネズミが入り込んでいた。ぎょえーーーー!食べようと思っていたパンの袋を齧られ、中身も減っている。雨風の中テントを張っていたのでその物音かと思っていたのにショック。なんだか寝ている時に顔に何かが触る気配がしたが、それもネズミだったのだ。しかもご丁寧にカップの中に糞。気持ち悪い。
「ネズミ可愛いー!」とか言ってたじゃない。とダンナに言われるが、命をつなぐ食料を取られたとなっては可愛いなどと言ってられない。しかもこのネズミ、歩いているとしょっちゅう見かけ、三毛柄なので三毛ネズミと命名していた。三毛ネズミめ・・・

帰国してから調べたらレミングというネズミだった。集団自殺をするとか、しないとか説があった。トレイル上でもぺっちゃんこに潰れている姿をよく見かけた。お互い生きていくのが必死だ。でもパンを地面のとれるところに置いた私が悪い、無念。

気を取り直し、テントを撤収。
雨が降っているので小屋のキッチンを使わせてもらうことにした。
テント泊一人100クローネ(1,500円)払っているのでキャビンのキッチンを使えるのだ。



キャビンのキッチン

しかもこの小屋はあまり利用者がいないのかとてもきれい。特にトイレは爽やかささえ感じる。小屋番は若い夫婦と小さいお子さん2人のファミリーで、息子ちゃんが描いた絵がトイレに貼ってあるのが微笑ましい。

そそくさと朝食とパッキングを済ませ、小屋に挨拶をして出発。濡れずに準備ができたので100クローネの価値はあったかも。
小屋のご主人はアビスコに奥さんとスキーに行くと話していた。私たちの旅がロングトリップで素敵だと言ってくれた。

歩き始めても雨が止まない。今日は14K先のキスリス小屋が目標。雨は降っていても道が歩きやすいので進んでしまう。



歩きやすい道


こんな川が轟々と




途中、何組かのハイカーに追い抜かれたりすれ違ったりした。その中で、私たちとほぼ同じペースで歩いているスウェーデン人カップルがいて、小屋付近まで一緒だった。(女の子が可愛かった)

1:00
 キスリスに着。

キスリス小屋


小屋のおじさんのミニショップで今朝焼いたというパン60クローネ(900円)を買う。パンと言うよりはナンのように平べったくスパイス風味がした。60クローネは高いと思った(4枚入り&バター)
小屋のベンチで昼食の準備。小降りだった雨が本降りになり、風も強まる。ベンチの上にシートを敷き下に隠れて雨をしのいで急いでお腹に食べ物を押し込んだ。
寒くて仕方ないので早々に小屋を後にする。
本当はここでテント泊と思っていたが良い場所がなさそうなので先へ進んでみることにした。

少し進むと雨が上がり、青空も見えるようになった。
一番天候の悪い時に昼食をとってしまった。

先に進まず、川のそばに平らなところを見つけたのでそこにテントを張った。

川のそばにテントを張った

人のいないところで自由にテントを張れる方が、のびのびできる。

明日は雨に降られず進みたいものだ。




2016年7月31日日曜日

Day 23

D23 8/30

ホステルは10:00チェックアウトだが、対岸に渡るボートの時間が朝6:50か昼14:30。
1人200クローネ、2人で約6000円といったところ。ボートでもSTF会員だと割引になる

対岸はアッカ 日付の表示が逆で解りにくい

私には「朝ご飯をお腹いっぱい食べる」という野望があるので、迷わず14:30の便を選ぶ。なので昼までラウンジに居させてもらう。

心配している父に、「今ここに居て次はここまで歩くよー」という メールを送る

いまここ

拡大、クビックヨックまで歩くよー

売店が開いたら、4日分の食料、アルコール、虫除けなどを買う。
昼食はピザとパスタをラウンジのキッッチンで調理。満腹

キッチンは広くて清潔
飽きないようにゲームや本がある
ラウンジはwifi が入り、落ち着く空間


だらだら過ごす事にも飽きたので、早めにボート乗り場まで行く






ボートを待っていると、雨が降って寒くなってきた 。ボート乗り場のおじさんに聞くと
「これからは寒くなるだけで、もう雪も降りはじめる」とのこと。3rdステージはパジェランタ140kmをスルーハイクする事にしたので、対岸のAkkaがスタートなのだ


ボートの中、ドリップコーヒーやスナック菓子が買える


15:10 Akka 着



この時間だと16キロ先には着かなそうだし、雨も降っている。パジェランタの入り口に入ったばかりだが2キロ先のアッカ小屋でテントを張る事にした。この旅で1番歩かない日になるだろう・・・

パジェランタは道がきれいに整備されていて、とても歩きやすい

どんどん進む

140キロの道のりを12日かける予定だが、10日で着いてしまいそうだ
ということは飛行機のチケットを5日程早めなくては・・・

小屋に行って、テントの手続きをする
途中で拾った帽子を小屋番の女性に届けると「息子のよ!」と喜んでくれた
「200クローネはあとで主人がテントに取りに行くわ」と言われたが、いつまでたっても現れない。何時来るのかとソワソワしてぜんぜんくつろげないし、小屋のキッチンを使って良いと言われたがお金を払っていないから怒られるのではないかと小心者なのである。

お腹もすいたので、自分から払いに行こうとウロウロしていたら取りにきてくれた。
「お金の支払いや、手続きはお願いね」とダンナに言われているから必死なのだ
お金を払ってようやくひと心地・・・

明日は14キロ歩く予定。ゆっくりの行程だ





2016年6月9日木曜日

Day 22 ゼロデイ

D22 8/29(土)

ゼロデイ(歩かない日)です

結局、昨夜は同部屋に人は現れなかった。乾燥室をゲストルームとして使用したようだ。

いつものように朝4:00に目が覚めてしまう。5:00には隣の部屋のアラームが鳴って、ドシドシという足音で完全に起きてしまった。
6:00過ぎてラウンジへ。朝食は7:00からだが、用意されるのが待ちきれない。

パン、クラッカー、パンケーキ、ハム、チーズ、ゆで卵、ジャム、ジュース、ヨーグルト、カフェオレ。お腹いっぱい貪るように食べた。この何週間かで失った栄養分を取り戻すかのように食す。なんといやしい・・・

ラウンジに用意された朝食

ごちそうさまでした

その後、Facebookやブログの更新、メールチェックなどをする。ネットワークがつながると、途端に仕事のメールが来てうんざりする。仕事は好きだし、やりがいはあるのだけれど、すかさずメールをしてくる人達にうんざり。
現実に引き戻されて仕事の処理などをしつつ、今後の自分のあり方について物思いにふける。
こうして1ヶ月以上も歩き続けられるチャンスを得て、そしてやり遂げようとしている。これを転機に、自分のやりたいことをいくつか考えてみる。

ここ、STFのホステルはとても面白い。
共有の場所で、それぞれの人がそれぞれに過ごす。日本でもこういった施設はあるのだろうが、私には新鮮だ。共有キッチンにはBOXがあって、ハイカーたちが要らなくなった食材や余ったものを置いておくシステムになっている。そこから気に入ったものがあったら、いただけるというわけだ。

清潔なキッチンと共有のボックス

ボックスや冷蔵庫の中身は週1回廃棄しているので、安全なものばかり残っている。
今日はそこからトマトコンソメスープをいただき売店でパンと温野菜を買って、レンジで温めて食べた。

夕方はベッドでゴロゴロしてスマホを見て、ビールとスナック菓子をつまんでお腹が空いたら残りのパンとスープでお腹を満たした。


部屋の中はとても簡素

こうしてじっとしていると、食べてばかりだが明日からの日々に備えているのだ。と、自分に言い聞かせる。
こういう何もしない1日も私はとても良い日だと思っている。

お天気はイマイチだが、明日は出発だ!









2016年5月31日火曜日

Day21

D21 8/28

昨夜は風が止むことがなく一晩中テントがバサバサ音を立てていた。



珍しく眠れずガイドブックでストックホルムの情報など見てみる。
それでも眠れない。

ようやく明け方うとうとするが、いつまで寝ていても仕方がない。
6:00少し前に起きる。
そうだ!!今日はリッツェムにつく日なのだから頑張ろう。午後にはビールだ、シャワーだーーー!

7:00 出発
ところが・・・歩き始めるとパラパラ雨が降り始める。次第に風も強くなり、暴風雨に。
ノルウェーでの記憶が蘇る。冷たい雨、冷たい風、行く手を阻み前方の景色が遮断される。前に進んでも果てしない道が続くだけ。体は冷えるが歩みを止めることはできない。

歩き始めて3時間。避難小屋にたどり着いた。
過剰に心配する旦那。優しさは嬉しいのだけれど、心配されすぎるとイラッとする私。
雨風の中で休んだりしたくないので、どんどん進んで欲しいのだ。
こんなことで苛立つ自分に腹立たしくなる。

10:00
早いが昼食に。とっておきのチキンラーメンを食べることにした。美味しい!元気が出た!食べ終わると早々に雨風の中再び進む。

元気がないと心配されるので、動物の糞を見つけては『うんこー』と、キノコを見つけては『キノコー』と叫ぶ。
こうしたフィールドの中での会話はなく、ただお互いの距離を確かめ合うために声を出す。大きな声を出すと、なぜか安心する。まだ大丈夫だという安堵感と、相手に自分の所在を伝えるためだ。

その後3時間ほど歩き続ける。ようやく雨風が弱まり、大きな虹が出現した。

振り返ると大きな虹

そして、リッツェムがついに見えた。嬉しい。とても嬉しい。
第2ステージを終了できる。
今日進んだ道は12,3キロなので余裕のゴールを迎えられるはず、だった・・・。
だがこの暴風雨。簡単には進ませてもらえなかった。毎日が生きていると実感できる。

ゲートをくぐり、グランスレーデンのゴールに着いた。

汗と雨でベトベトです



ゲートから少し歩くと、第3補給地であるリッツェム、ユースホステルに着いた。




ここはアビスこのような個室スペースはなく、こじんまりとした施設だ。
共同のシャワー、キッチン、ベッドルームを使用する。
久々のシャワーは本当に気持ちがよく、それと同時に裸になった自分がとても痩せていて驚いた。
久々に鏡を見て、汚れだと思った顔の黒ずみは洗っても落ちず、ずいぶん日焼けをしていた。髪は何度洗っても抜け毛が止まらず、排水溝の掃除が大変だった。
旦那もひげ面を剃り落とし、さっぱりしたが、やはり黒く日に焼け痩せこけていた。
お互いにそんな姿を確認しあった。

衣類の洗濯を終え、乾燥室が使用できなかったので部屋中に吊るした。
なんだか生臭いような、汗臭いような部屋だが、ベッドがあるだけで快適だ。

ホステルは2人部屋だが、『今日は人が多いのでお客をもうひとり入れるかもしれない』と言われ、いつ来るかわからないルームメイトにドキドキしながら、2段ベッドの上段でこの日記を書いている。

もちろん、ビールを片手にだ。